私たちのビジョン

株式会社カミーノは、紙のサステナブルな利用を考える会社です。

30年以上にわたって紙リサイクルの最前線で活動してきた経験を活かし、紙や植物由来生分解性プラスチックを原料とした環境配慮型素材や製品の開発をするために、
私たちはこの会社を作りました。

今、海洋プラスチック廃棄問題への対策としてはじまった脱プラスチックの流れが世界中で急速に広がっています。欧州では2021年までに使い捨てプラスチック製品や石油由来の
酸化型生分解性(オキソ)プラスチック製品の利用が禁止され、リユースやリサイクル可能な紙製品や植物由来生分解性プラスチック製品などへの移行が進んでいます。先般のG20における「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」でも示されたように、今後、脱プラスチックの流れはますます広がっていくことは否定しようがありません。その一方で、日本にいる私たちの生活にはまだまだプラスチックがあふれており、海外からは厳しい目が向けられているのも事実です。

このような背景の下、「紙」の可能性が新に注目されています。日本では長きにわたり独自の紙の文化を育んできました。紙のリサイクルの面においても、牛乳パックのリサイクルが人々の善意から全国に広まり、今では生活に深く根付くことになるなど、世界に誇るべき事例もしっかり存在しています。脱プラスチックに向かう世界的潮流のなかで、紙の国、日本だからこそできることがある、私たちはそう信じています。

リユースやリサイクルというサステナビリティ(持続可能性、SDGs)へのこだわり。原料の公正な調達や消費者を惑わせるような宣伝の排除といったエシカル(倫理的)への
こだわり。そしてシンプルで機能的な美しさを求めたいというデザインへのこだわり。これらのこだわりを忘れない、紙の持続可能(サステナブル)なソリューションを提案して
いきたいと考えています。